東京での上映決定! 「くらげとあの娘」で切なさと旧加茂水族館の魅力を

Photo
今月から山形県で上映が始まっていた、「くらげとあの娘」。
評判は上々のようですね。
画像は、「くらげとあの娘」のオフィシャルサイトです。

くらげとあの娘」はどんな映画なの?

くらげで有名になり、さらにクラゲの展示種類数でもギネスブック認定の世界一を誇る、鶴岡市立加茂水族館。今年新たにリニューアルして、さらにスケールアップしています。
この映画はそんな建て替え前の旧水族館のメモリアルとして、そして新しい水族館の記念としても作られました。舞台は建て替え前の加茂水族館。心に傷を負ったクラゲ飼育員と、そこに偶然現れた女性との切ない物語です。

ストーリー
山形県にある鶴岡市立加茂水族館。
くらげの飼育員である浩平は「くらげになりたい」
とぼやきながら、どこか無気力な毎日を送っている。
そんなある日、港で、花束を海に投げ入れ手を合わせる謎の女性、有希をみかける。
彼女や職場の同僚たちとの出会いを通して、浩平の気持ちにも、少しずつ変化が…。
くらげのようにゆらゆらと流されて生きていたい浩平に訪れる運命とは???
水族館のある小さなまちで巻き起こるおかしくて、愛おしい物語。
オフィシャルサイトより引用

いよいよ関東でも上映決定!

そしていよいよ、新宿でも上映が決定しました。
こちらの映画館になります。
8/9~8/22 と期間限定なので、今のうちにスケジュールに入れておいてくださいね。
東京 新宿ケイズシネマ
03-3352-2471
8/9~8/22
http://kurage-anoko.com/theater/index.html

パンフレットも「クラゲづくし」で充実!

10366283_752380491467053_2279811257
Facebookより
パンフレットも充実しています。
これ一冊で、くらげがもっと楽しくなる!。
くらげ初心者にもわかりやすく、かわいく編集されているので、加茂水族館ファンのみならず、クラゲが気になる全ての方お勧めです。映画を見たら、ぜひ手に取ってみてくださいね。
●パンフレットの紹介はコチラ。
『くらげとあの娘』オリジナルブック
●クラゲの不思議な世界
http://www.jfish.net/
●平山ヒロフミ
info@jfish.net

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください