静かに立ち上るように…アマクサクラゲ

半透明で白いアマクサクラゲが水族館の照明で
儚い色に染まっています。

糸のような触手は水の流れに逆らうことがないため、
クラゲがそこにいなければ見ることのできない
水流を見て感じることができます。

この長い触手で獲物を捕らえると、
少しずつ傘の下にある口に餌をもっていきます。

餌を無駄なく食べるために、
さまざまな機能がこんな細い触手の中にあるなんて
やっぱり不思議な生き物です。

学名:Sanderia malayensis
和名:アマクサクラゲ(天草水母)

撮影場所:新江ノ島水族館

——

お知らせ

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
2016/2/2に出版されました!。
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝えます。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く
楽天に見に行く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください