スケッチスケッチ! アマクサクラゲとウラシマクラゲ。一緒に泳いでもらいました。

Amakusakurage

クラゲの想像スケッチ

本来は違う種類のクラゲを同じ水槽で見ることは
ほとんどできません。
なぜなら、違う種類のクラゲ同士は、刺しあいっこしてしまい、
すぐに弱ってしまうからと言われています。
弱ってしまうくらいならまだいいのですが、
クラゲを食べてしまうクラゲもいます。
ごくまれに相性のよいクラゲがいるようですが、
やってみないとわからない…というのが現状です。
水族館ではごくまれにチャレンジしている例があるのですが、
うまくいったり行かなかったり…。

アマクサクラゲとウラシマクラゲ

ボールペンを使っています。
何となく描いただけなので、この2種類を選んだ意味は、
全く意味はありません。
隣に何となく描いてしまったら、
水流の感じが全くお互いバラバラで、
すごく違和感ありますね…。
スケッチブックの残りが少なかったので、
空いてるところに押し込むように
描いてしまったのが良くなかったかも。

●クラゲの不思議な世界(写真集)
http://kurage.thebase.in/
●クラゲの不思議な世界
http://www.jfish.net/
●平山ヒロフミ
info@jfish.net
●画像情報
撮影したカメラ:Canon EOS Kiss

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください