まるでフロスト状のドライアイス…インドネシアン・シーネットル

 インドネシアン・シーネットル

まるでフロスト状のドライアイス。
触れた手が凍ってしまいそう。

柔らかく変化する傘の形は、
ほんの一瞬で形が大きく変化しますね。

インドネシアン_シーネットル

貴重な一瞬を疎かにしてしまって、
二度とない瞬間を逃さないようにしたい
と思っているのに、ついファインダーを覗くことに気を取られ、
本当に大切な姿を見逃してしまう。
時々本末転倒になってしまいます。

そうそう…
クラゲのゆったりしたリズムを切り取るために、
とても多くのカットが必要で、
水族館に長居してしまうと
SDカードもバッテリーも容量が少し
心配になってしまうのです。

和名:インドネシアンシーネットル
英名:Indonesian sea nettle
学名:Chrysaora chinensis
撮影場所:アクアパーク品川(Aqua Park Shinagawa)

お知らせ

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
2016/2/2に出版されました!。
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝えます。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く
楽天に見に行く

kurageru shop  アクセサリー

kurageru shopでアクセサリーを販売しています。
3f51188c43d312babafb558d7342f1909b629704 bbce5f7ae421f57db5db4d308bf72216782b4b45

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください