光…オワンクラゲ

オワンクラゲ

オワンクラゲは、ヒドロクラゲという名前で分類されるクラゲの一種。
小さな数ミリ程度のヒドロクラゲが多い中で、その大きさが突出しています。

ヒドロクラゲは体のつくりが単純だと言われているのですが、それでもちゃんと口や目や胃があります。
こんな透明な体のどこにあるのか、目に見えてわかる器官はどこにもなさそうなのに不思議ですね。

しかも、オワンクラゲは光る能力も持っています。
その光は淡い蛍光色。
暗いところで見ると、傘の周りがほんのり光って見えることがあります。

その姿だけでもどこか非現実的なのに、
ほんのり蛍光色に光るクラゲが暗い海の中を拍動しているって、何だか幻想的ですね。

学名:Aequorea coerulescens
和名:オワンクラゲ

新江ノ島水族館で撮影しました。

—–

●クラゲの不思議な世界(写真集)
http://kurage.thebase.in/

●クラゲの不思議な世界(Webサイト)
http://www.jfish.net/

●クラゲでなくても癒されるブログ(blog)
http://auqa.way-nifty.com/aqua/

●平山ヒロフミ
info@jfish.net

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください