繊細な透明感…アマクサクラゲ

アマクサクラゲ

今日のクラゲ

ゆらりと立ち上る繊細な透明感を持つアマクサクラゲ。
傘の周りにある眼がきらりと光って、宝石みたいです。

和名:アマクサクラゲ 天草水母
学名:Sanderia malayensis

撮影したカメラ:SONY α7iii

Amazonで見てみる:
ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

クラゲニュース:萩原朔太郎の作品に登場するクラゲ

生物に着目した特別企画展「さくたろういきものずかん−朔太郎の世界を闊歩(かっぽ)する生物(いきもの)たち」
萩原朔太郎は、前橋市出身の詩人で「日本近代詩の父」と呼ばれています。作品の中に出てくる、さまざまな生き物たちをテーマにした特別企画展が開かれていて、その中にはクラゲが印象的に飾られています。
これは、『月に吠える』という作品の中に、『およぐひとの心臓はくらげのやうにすきとほる』という一説があるからなのですね。

こちらの企画展は、前橋市千代田町の前橋文学館で2021年9月26日まで開かれています。


東京新聞 『クラゲや魚 生物いっぱい 朔太郎の不思議な詩世界 前橋文学館で特別企画展』https://www.tokyo-np.co.jp/article/114529

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください