妖艶…アマクサクラゲ

アマクサクラゲ

紫色の照明がアマクサクラゲの清楚な雰囲気を隠し、
それとは正反対の大人の妖艶な姿を魅せてくれています。

クラゲの名前

和名:アマクサクラゲ 天草水母
学名:Sanderia malayensis

撮影したカメラ

撮影したカメラ:Canon EOS 8000D

撮影したカメラとレンズについては、『手のひらの中のクラゲ世界…アマクサクラゲ』を参照してください。

最近の水族館の多くはクラゲのブースの照明の明るさを極端に落としています。さらにクラゲの水槽の中の照明を工夫することで、とても幻想的にクラゲの姿が浮かび上がります。こんな演出てとても魅力的に感じますよね。
ただしカメラにとってはなかなか酷な環境です。人の眼では相対的にそこそこ明るく感じますが、実際には圧倒的に暗いため、思ったようにクラゲを写真に残すことができません…。

——

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください