江ノ島ビーチクラブ(2006-11-18)

Benikuragebc03_1
Img_3688bc01Img_3688bc02_1
11月18日(土)もビーチクラブに参加してきました。
朝から穏やかな天候でとても暖かく、テントなどの設営作業をしていると汗をかくほど。11月の海は、まだまだ暖かい日もあるのです。そして海も凪いでいて、江ノ島の展望台が海面に映るのではないかと思うほど。
そして今回、水族館にお借りして展示したのは3種類のクラゲ。
(いつもありがとうございます)。
・アマクサクラゲ
・ミズクラゲ
・ベニクラゲ
以前ご紹介したことがあるかもしれませんが、このベニクラゲは、地球上の生物
の中で唯一若返りができる生き物なのです。老衰すると豆粒のような細胞の団子状態にまで退行し、そこからまた子供の世代からやり直します。仕組みがわかったらノーベル賞間違いないのではと言われているとか。
写真左:
そのベニクラゲ。高さが1~2cm程度と小さく日本の多くの海にもごく普通にいますが、この小さな体の中に生命の奇跡が起きています。
写真中央:
クラゲの展示を興味津々で覗き込む子供たち。
もちろんクイズにチャレンジしてもらいました。
写真右:
体験イベントのお絵かき教室で、何を書こうか考えている…の図。沢山書くことがありすぎて、早く書きたいけど迷うのが楽しくて…と思っているのでは。
心地よい穏やかな海岸の一日でした。

あわせて読みたい

フィードバックはありません

  1. もくじ【新江ノ島水族館ルーム】

    こんにちわまー坊です。 いつもコメント ・ トラックバック 本当にありがとうございます 地球上のほとんどの生き物は、地球の環境に合わせて進化してきましたが、ヒトだけは自分たちの都合に合わせて、川をまっすぐにしたり、海岸を埋め立てたり、森林を畑にして、地球環境を変えてきました。
    生活排水で川や海を汚したり、土砂でサンゴ礁を絶滅させたりしたのも、地球温暖化もオゾンホールも、わたしたちヒトが成し遂げた環境の破壊です。
    また、船や飛行機で、生き物を移動させて、もといた生き物を絶滅させることも……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください