ダークサイドの使者か!?…ビゼンクラゲ

ビゼンクラゲ
悪役の役者を思わせる、ダークなオーラを身に纏うビゼンクラゲ。

同じビゼンクラゲの名前がついているクラゲでも、色味の異なるものが何種類かいるのですが、これはその中でも最もダークサイドな造形ですね…。

海で大量に向かってこられたら、あとで夢に出てきそうですね…。
事実、SF映画でも殺人クラゲとして配役されています。

ビゼンクラゲは食用クラゲの中でも高級品として扱われているのは、肉厚で食べた触感が良いから。
ただし魚のように捕まえてから簡単に刺身にして食べられるわけではなく、食用になるまでにはかなりの手間がかかります。

このクラゲも肌が敏感な人は腫れたりむくんだりすることがあるので、うかつに素手で触れないようにしてくださいね。

和名:ビゼンクラゲ (備前水母)
英名:Edible Jellyfish
学名:Rhopilema asamushi

——

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください