美麗なフォルム…アカクラゲ

アカクラゲ

海の中を漂い、水流と拍動の複雑な組み合わせで美しいフォルムを魅せてくれます。
この写真では、無数にある細い糸のような触手の先が数センチメートル太くなっているように見えます。
この触手は餌を口に持ってくるために伸び縮みするのですが、その過程で時々触手の先のこのような小さなコブを見かけます。

学名:Chrysaora pacifica
英名:Japanese seanettle
和名:アカクラゲ(赤水母)

クラゲニュース:『世界で一番美しいクラゲ図鑑

海中を優美に浮遊する神秘的な生態 (ネイチャー・ミュージアム) ムック – 2022/4/6 が発刊されています。

・アマゾンで購入

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください