儚く今にも消えてしまいそうな存在感…アマクサクラゲ

アマクサクラゲ

儚く今にも消えてしまいそうな存在感…

アマクサクラゲが稚クラゲ(大人になりたての小さなクラゲ)の頃は薄茶色をしていますが、大人になるにつれて茶色が抜けて美しい白に変化していきます。
子供の頃に読んだ、みにくいあひるの子を彷彿とさせますね。

このアマクサクラゲは、傘にまだ茶色が少し残っているので、あとも少しで成人といったところでしょうか!?。
傘も硬貨くらいの直径でまだ線も細く、とても儚く弱弱しい感じがしますね。

和名:アマクサクラゲ 天草水母
学名:Sanderia malayensis

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください