『幻想』パシフィック・シーネットル

パシフィックシーネットル

幻想的に空を舞うかのように
軽やかに海の中を漂っていきます。

学名:Chrysaora fuscescens 
英名:Pacific Sea nettle

撮影したカメラ
ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

水族館はかなり暗いので、できるだけf値を小さくしたいところ。
この写真ではf2.2で撮影しています。
レンズはf1.8まで対応していますが、少し背景ボケを抑えて幻想的な雰囲気を若干犠牲にしても、レンズのギリギリではなく少しだけ絞ることで、わずかにでもシャープさを残したいと考えました。
ゆったりしたイメージのクラゲなのですが、いざカメラで撮ろうとすると意外に動きが速い!。シャッタースピードは少しでも稼ぎたいので、1/500のシャッタースピードで何とかブレずに撮影できました。

このシャッタースピードを得るために、ISO1250にしています。この感度の程度であれば、SONY α7IIIのセンサーはほとんどノイズを感じさせません。現時点では、多くのフルサイズ一眼レフの中で、もっとも水族館でのクラゲ撮影に 向いていると考えています。

このパシフィックシーネットルは、いおワールドかごしま水族館で撮影しました。
『クラゲ夢世界』いおワールドかごしま水族館のポスターにクラゲの写真が採用されました

●SONY α7iiiをアマゾンで見てみる:
ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

——

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください