泳ぐスリ硝子…半透明のタコクラゲ

タコクラゲ

タコクラゲのボディーは、
みずたま模様の傘も口腕もスリ硝子のように半透明。

強い光をかざすと、
ボディーがふんわり透けて見えて、
せわしなく動きます。

このタコクラゲは比較的飼育しやすいと言われています。
水温も比較的高めで、環境の変化にもある程度対応してくれます。
ただ、動きが激しいぶん代謝も多いので、そこだけが注意かな。
小さなタコクラゲだと、
まめに海水交換できればろ過をしなくても飼えてしまいます。

和名:タコクラゲ
学名:Mastigias papua
英名:Spotted jelly

撮影場所:新江ノ島水族館・クラゲファンタジーホール
撮影したカメラ:Canon EOS 8000D

——

●お知らせ●

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
2016/2/2に出版されました!。
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝えます。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く
楽天に見に行く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください