透明感がすごすぎる…ウラシマクラゲ

Img_3274_trim1

この透明感を見て!…ガラスの風鈴のような清涼感

ウラシマクラゲも透明度のとても高いクラゲです。
向こう側がほぼそのまま素通しでみえてしまって、
繊細なガラスの風鈴のようですね。
今にもチリリンっと鳴りそうです。
ヒドロクラゲに分類されているこのクラゲ。
クラゲであるからには、しっかり刺胞(毒針)を持っていて、
小さな動物プランクトンになる餌がやってくると
その毒針で刺して弱らせて、食べてしまいます。
足のところにあるツブツブが、その毒針です。

こんな全貌をしています

全体はこんな形をしています。
Img_3274
そのサイズは、ブドウの粒くらい。
こんなに透明なのに生き物だなんて、
ちょっと信じがたいほどですね。
日本の沿岸に、ごく普通にいて
季節を知らせてくれるクラゲです。

●クラゲの不思議な世界(写真集)
http://kurage.thebase.in/
●クラゲの不思議な世界
http://www.jfish.net/
●平山ヒロフミ
info@jfish.net

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください