ふっくらふくよかな造形美…カワイトヒキクラゲ

カワイトヒキクラゲ

今日のクラゲ

カワイトヒキクラゲは傘の下の付属器と、その下から伸びる半透明の触手が特徴的。
独特の造形は、生き物の不思議そのもの。

真ん中の大きめのクラゲはとても状態が良く、全体の形のバランスがさらに美しい!。
傘も真ん丸で張りがあり、付属器もこんもりしています。

拍動はいつも続けているけれど、タコクラゲほどせわしくないので落ち着きがあります。

和名:カワイトヒキクラゲ
学名:Acromitus hardenbergi

ほんわかクラゲの楽しみ方

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝える、
クラゲ初心者にもお勧めの一冊です。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く
楽天に見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください