神秘的な青…カツオノエボシ

カツオノエボシ

不思議な造形と美しいブルーが印象的。

カツオノエボシは海岸に打ちあがっていたのですが、この美しいブルーに惹かれて絶対に触らないように。
刺されると激痛が走ります。

ちなみに、今日の江の島ビーチクラブ(2019/8/18)は、ミズクラゲ、サカサクラゲ、カツオノエボシでした。

和名:カツオノエボシ
英名:Portuguese Man O’War
学名:Physalia physalis

この日は午前にビーチクラブで過ごしたあと、カフェでゆったりクラゲを観察しました。

お知らせ

「ほんわかクラゲの楽しみ方・ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。」
クラゲの柔らかで優しい魅力と不思議な生態をわかりやすく伝えます。

・平山ヒロフミ著
・アクアパーク品川監修
・誠文堂新光社

Amazonに見に行く

クラゲの本

クラゲに関する本は、こちらで紹介しています。
クラゲの本・DVDまとめ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください